最終更新日: 2021年10月28日

WELCOME TO 大礒NETワーク!


旧大礒ゼミを始め、幾つかのホームページとメーリングリストで構成されるネットワークへの入口です。
宝探しのつもりで楽しんでください。いろんなところでメールを出せるようになっています。

LINK

NETワークの拡がり
大礒正美の連載コラム「よむ地球きる世界」10/28更新!
大礒ゼミのHP(当分このまま続けます)
現在の肩書は国際政治学者、シンクタンク大礒事務所代表。履歴はここ

『大礒正美の よむ地球きる世界 <日本はどうなる編>』
彩雲出版および書店にて。直販はコラムページからリンクしています。




よむきるコラム最新は、「英国王室とあまりに相似」

ヘンリー王子の問題と眞子内親王の問題があまりに似ていることに驚く。その原因は共通で、「貴種の義務」という自覚が希薄になっていることだ。(10/28)



豪州がフランスの通常型潜水艦導入に見切りを付け、米英からの原潜調達に踏み切った。これを機に日本も加わって共同計画にもっていくべきだ。(09/28)

菅首相にとって、小此木国家公安委員長が大臣と議員を投げ打って横浜市長選に出るのは、驚天動地だった。日本に情報機関がないことのマイナスがここにも。(08/26)

コロナ禍と東京五輪の2大課題に立ち向かうには、国民とのコミュニケーションが最も重要だった。菅首相は反面教師だった。ではどうする?(07/29)

コムロ禍とまで揶揄される皇室騒動を放っておいてはいけない。2年前のコラムを解決策の1つとして再掲する。(06/28)

日本が断念すれば中国の思うつぼになる。日本の凋落はパックス・アメリカーナの終焉の引き金を引く。そう説明できないところが政府の泣き所だ。(05/30)

後進国は「発展途上」どころか強権統治の罠に落ち込んでしまった。IT化の急流がそれに輪をかけている。先進国はどう対処する?(04/29)

いよいよ危うい尖閣と台湾をどうしたらいいか。日本は独自の安保構想をバイデン政権に提示することができる。その1案。(03/30)

領土問題で日本はなぜ弱腰か。横綱2人をどうすることもできない理由。そして総務省幹部の接待不祥事の核心は?(02/28)

自動車後進国の中国が「カエル跳び」で電池自動車時代を引き寄せようとしている。日本は対応し切れるかどうか。経済の大黒柱が危ない。(2021/01/28)

まず尖閣諸島を基地化して台湾を海上封鎖する。これが中国の戦略だろう。習近平は年齢からしてあと数年で実行するしかない。(12/30)

トランプは根っからの取引人間。大統領選敗北も会社倒産と同じ。一見ゴネているようだが、2年後、4年後に手を打っているだろう。(11/29)

ムン大統領は北を代弁して朝鮮戦争の終戦宣言を提案し、同時に原潜保有計画を示してウラン燃料の供給を要請した。これは明らかに北への手土産だ。(10/30)

日本と違って米国の最高裁は政治的機能が強い。トランプ大統領が自分の都合で保守派の牙城にしても跳ね返りが、、。(09/28)

トランプとバイデン、どちらも高齢の上、他の問題もこれあり、任期を全うできない恐れがある。副大統領の昇格をどう計算するかが最大のポイント。(08/29)

中国が実効支配を主張し始め、尖閣は風前の灯し火に。当コラムで8年前に提案したように、5島をまとめて米軍に貸与するしかない。(07/28)

当初の目的は正しかったが、時間とコストがかかりすぎて効果が疑問になる。イージス・アショアの撤回と辺野古の埋め立て停止をセットで提案すべきだ。(06/29)

中国は世界に対して「感謝せよ」と要求し、国内の不満を国外に向かせようと必死だ。これは習近平がかつてない危機を感じている証拠。(05/29)

国内で安倍首相批判が強いのは、コミュニケーションが下手だからだろう。プロンプターを使った記者会見はやめたほうがいい。丁寧語を過剰に使う風潮も問題だ。(4/28)

初めは「遅い」と批判された首相だが、意外にうまく対応してプラスを重ねている。5輪延期が奏功すれば総裁4選もありうるか。(03/30)

裁判ではないのに「無罪」? なかなか正確な報道ができないのはなぜか。逆に海外のメディアは日本に批判強める傾向。(02/28)

李氏朝鮮は世界の最貧国。日本が引き受けて莫大な投資をした。英国のインド搾取と真逆の統治を知らしめよ。(2020/01/30)


靖国は世界標準では「無名戦士の墓」にあたるが、本質ではリンカーン記念堂と同じもの。そうオバマ大統領に説明したらいい。(2014/01/28)


過剰貯蓄が200兆円とも。これを消費に向ける独自の提案です。
これなら日本の低落を一気に挽回できる。しかも財政負担ゼロで!(2010/12/21)






アクセスカウンターがコラムページのヒット数と大きく乖離してしまったので、いったん取り外します。


mail
ご意見ご感想を!