最終更新日: 2016年09月27日

WELCOME TO 大礒NETワーク!


旧大礒ゼミを始め、幾つかのホームページとメーリングリストで構成されるネットワークへの入口です。
宝探しのつもりで楽しんでください。いろんなところでメールを出せるようになっています。

LINK

NETワークの拡がり
大礒正美の連載コラム「よむ地球きる世界」9/27更新!
大礒ゼミのHP(当分このまま続けます)
現在の肩書は国際政治学者、シンクタンク大礒事務所代表。履歴はここ

『大礒正美の よむ地球きる世界 <日本はどうなる編>』
彩雲出版および書店にて。直販はコラムページからリンクしています。




よむきるコラム最新は、「北朝鮮が日本に連邦国家提案?」

客観的かつ現実的な政治ファンタジーだが、オバマの戦略的忍耐を延長すると、これが誰にとっても最善の未来図ではないか。(09/27)



陛下のメッセージは歴史的珍事。象徴と総意という虚妄が生み出した悲劇であり、その主人公には同情を禁じ得ない。(08/27)

日本は国際法を吸収して近代国家になった。中国は国際法を無視して中華帝国に逆行。外相に値しない王毅の完敗を機に、日米欧は外交の重要さを分からせる外交を。(07/29)

中国軍艦が初めて尖閣接続水域に侵入し、呼応してオナガ知事は海兵隊撤去を叫んだ。英語で「民族自決」を訴える知事のバックに中国発の独立運動が台頭。(06/27)

オバマが広島なら、次はアベの真珠湾となるのは必至。中国は早くも虚構の南京「だいとさつ」の謝罪に来いと。韓国は首相から皇族、そして天皇を呼びつけるだろう。(05/28)

日本人の盲点−−独露はなぜ世界大戦に完敗しても20年でリベンジできるのか。第三次大戦の警告に直面して、日本は50年戦争の勝者だと理解する必要がある。(04/29)

トランプでなくオバマから孤立主義が始まっていることが重大だ。日本への悪意もほとんど同罪。むかし国際連盟、いまTPPとならないよう日本は何ができるか。(03/28)

1千兆円が子孫の負担になるというのは財務省製のデマ。アベノミクスお構いなしの省益優先。その強力なマインド・コントロールを明らかにする。(02/27)

戦後70年談話と年末の日韓合意で、村山談話と河野談話を裏書きし、自虐史観を強化する結果を残した。この裏には何があるのか。外交自慢の大勲位が残したツケを思い出せ。(01/26)

海自の「そうりゅう」型潜水艦と救難飛行艇は虎の子の技術。それを売り物にする安倍政権の戦略は妥当かどうか。相手はずっとしたたかだ。(12/26)

「何でも韓国起源」(ウリジナル)のもじり。中国に土下座し米国を袖にした英国が巧いのか、英米を分断した中国が巧いのか。日米同盟がその答を出す。(11/28)

新型の冷戦でプーチンは何を狙うか。ロシア正規軍と言わず派兵しているのがミソ。歴史上の成功例に倣うつもりか。日本は苦い記憶があるはず。(10/29)

新法制で法的な抑止力は強くなったが、実態はどうか分からない。それより日本の非常識の上に築かれたままという現状に注目しよう。(9/25)

安保法制2法案の成立は確実だが、かえって改憲を遠くすることも確実になった。戦後レジームの核心が如何に強固であるか、ここに初めて明らかにする。(08/26)

安倍政権の支持率が急落し、不支持が上回った。こんなはずではなかったと外務省を恨んでいるのでは。なぜ東シナ海の中国海上施設急増を国民に言わなかったのか。裏に何があったのか。(07/27)

中華帝国の悪さ、恐ろしさは地球の向こう側には伝わりにくい。ウソ外交の標的になったドイツは、中韓に次ぐ第3の反日国となった。新覇権国連合vs.日米は?(06/29)

言葉のセンスは決定的に重要だ。日本の役人や政治家はこれで国を売りかねない。旧日本軍はマフィアの先駆者だったと総理が認めてしまった。(05/26)

米国初の女性大統領と周近平の対決がどうなるか、今から日本も考えておかねばならない。ケネディ、オバマの異端大統領2人がどうだったか。(04/29)

核兵器も70周年。使えない兵器と言われて久しいが、プーチンのひと言で一変するかもしれない。日本は世界で最も鈍感でいられるか。(03/27)

戦後以来の大改革は外交にこそ必要だ。反省ないままの70年で、安倍総理自身が包囲網に囲まれてしまった。オバマに国賓招待されて首相はどう切り抜けるか。(02/26)

米国は民主主義の旗振り役から降りてしまった。この機をつかんで安倍談話の柱を創成すべきだ。日本のためだけでなく世界の歴史に貢献できる。(15/01/27)


靖国は世界標準では「無名戦士の墓」にあたるが、本質ではリンカーン記念堂と同じもの。そうオバマ大統領に説明したらいい。(14/01/28)


過剰貯蓄が200兆円とも。これを消費に向ける独自の提案です。
これなら日本の低落を一気に挽回できる。しかも財政負担ゼロで!(2010/12/21)











アクセスカウンターがコラムページのヒット数と大きく乖離してしまったので、いったん取り外します。


mail
ご意見ご感想を!