最終更新日: 2019年10月30日

WELCOME TO 大礒NETワーク!


旧大礒ゼミを始め、幾つかのホームページとメーリングリストで構成されるネットワークへの入口です。
宝探しのつもりで楽しんでください。いろんなところでメールを出せるようになっています。

LINK

NETワークの拡がり
大礒正美の連載コラム「よむ地球きる世界」10/30更新!
大礒ゼミのHP(当分このまま続けます)
現在の肩書は国際政治学者、シンクタンク大礒事務所代表。履歴はここ

『大礒正美の よむ地球きる世界 <日本はどうなる編>』
彩雲出版および書店にて。直販はコラムページからリンクしています。




よむきるコラム最新は、「支持基盤が危うい安倍最長政権」

安倍首相の対中傾斜に保守層がたまりかねて声をあげ始めた。レガシーが欲しい首相が歴史の落とし穴に?(10/30)



最新のウクライナ疑惑はトランプにとって痛手。バイデン候補と相打ちになって女性候補ウオーレンに有利か。(09/28)

とうとう米国もムンの異常性に声を上げ始めた。日米に対して牙をむくのは計画通りか、はたまた心の病か。(08/29)

異常な反日は歴史の遺伝子が勃興してきたためで、現代のヤンバン支配階層にメディアも含まれている。これが病巣。(07/29)

皇室の縁戚に法曹はダメというのが暗黙の常識。基本的人権が一律に適用されないことにメディアも目覚めるべきだ。(06/28)

祝賀ムードに便乗して、また女性天皇や女性宮家を推進する動きが活発化している。皇室衰亡を狙う長期戦略。(05/29)

平成の30年は日本が一方的に地盤沈下した時代だった。そういう意識もまだ共有されていない。では令和時代をどう迎えるか。(04/30)

ゴーン逮捕以来、長期拘留など日本の司法制度に偏見を持つ非難が続く。日本が独自の歴史文化を継続していることに誇りを。(03/30)。

安倍首相の推薦文公表でトランプが本気でノーベル賞を狙っていることが明らかに。そこにつけ込んだ北の独裁者が要求を釣り上げすぎた。(02/28)

近代以前に戻った韓国の異常さと、高麗連邦をを夢見る左翼政権が日本に仕掛けるワナにどう対処するべきか。(01/30)

トランプはとうとう有能な将軍4人を全部使い捨てることになった。異常な言動は思春期に軍隊式寄宿学校で受けた心の傷か。(12/30)

トランプとカルロス・ゴーンは共に自分ファースト。ドイツ系移民とフランス中華思想は共に民族ファースト。日本がいかに異質か分かる2例だ。(11/28)

フルトン演説に匹敵するペンス演説で米中は新冷戦へ。これで米ロは協調して中国の新覇権狙いに向かうか。(10/28)

プーチンのちゃぶ台返しは、安倍首相の任期3年に付き合う気はないという宣告。民主国家より独裁制が台頭する時代の象徴だ。(09/29)

また侍従の没後に、家族が日記をメディアに持ち込んで公表される例が繰り返された。これでは皇族は側近に心を許すことができない。(08/30)

日本は貿易戦争には弱いが、その外圧を利用して構造改革に踏み切るほうが得策だ。自動車産業をどうするか。(07/30)

もともと「完全な非核」などありえない。隠された真の目的は核の流出を防ぐことだ。米はイランを警戒、中国は朝貢国を確保したい。(06/26)

会談前に相手を脅すのはソ連の常套手段だった。北朝鮮は忠実な直弟子だが、アメリカは十分研究済みだから通じない。(05/28)

南北首脳会談は実妹を後継者として認めさせた主役の完全勝利。これが唯一の中身だった。トランプも金王朝を裏書きすることになるか。(04/30)

なぜトランプが北の提案に飛び付いたのか、それが急展開の謎を解く鍵だ。3首脳の思惑が成功しても、実際には何も変わらない可能性。(03/30)

北が仕掛けた韓国取り込み戦略を、待ってましたと飛び付いた文大統領。日米との離反はもう既定路線となった。日本にとっても正念場。(02/28)

憲法とせめぎ合っても上皇になるという真意が分かってきた。政府は対応しきれず、皇統の安定的持続を持ち越してしまった。(18/01/29)


靖国は世界標準では「無名戦士の墓」にあたるが、本質ではリンカーン記念堂と同じもの。そうオバマ大統領に説明したらいい。(14/01/28)


過剰貯蓄が200兆円とも。これを消費に向ける独自の提案です。
これなら日本の低落を一気に挽回できる。しかも財政負担ゼロで!(2010/12/21)











アクセスカウンターがコラムページのヒット数と大きく乖離してしまったので、いったん取り外します。


mail
ご意見ご感想を!