最終更新日: 2018年11月28日

WELCOME TO 大礒NETワーク!


旧大礒ゼミを始め、幾つかのホームページとメーリングリストで構成されるネットワークへの入口です。
宝探しのつもりで楽しんでください。いろんなところでメールを出せるようになっています。

LINK

NETワークの拡がり
大礒正美の連載コラム「よむ地球きる世界」11/28更新!
大礒ゼミのHP(当分このまま続けます)
現在の肩書は国際政治学者、シンクタンク大礒事務所代表。履歴はここ

『大礒正美の よむ地球きる世界 <日本はどうなる編>』
彩雲出版および書店にて。直販はコラムページからリンクしています。




よむきるコラム最新は、「自分ファーストと民族ファースト」

トランプとカルロス・ゴーンは共に自分ファースト。ドイツ系移民とフランス中華思想は共に民族ファースト。日本がいかに異質か分かる2例だ。(11/28)



フルトン演説に匹敵するペンス演説で米中は新冷戦へ。これで米ロは協調して中国の新覇権狙いに向かうか。(10/28)

プーチンのちゃぶ台返しは、安倍首相の任期3年に付き合う気はないという宣告。民主国家より独裁制が台頭する時代の象徴だ。(09/29)

また侍従の没後に、家族が日記をメディアに持ち込んで公表される例が繰り返された。これでは皇族は側近に心を許すことができない。(08/30)

日本は貿易戦争には弱いが、その外圧を利用して構造改革に踏み切るほうが得策だ。自動車産業をどうするか。(07/30)

もともと「完全な非核」などありえない。隠された真の目的は核の流出を防ぐことだ。米はイランを警戒、中国は朝貢国を確保したい。(06/26)

会談前に相手を脅すのはソ連の常套手段だった。北朝鮮は忠実な直弟子だが、アメリカは十分研究済みだから通じない。(05/28)

南北首脳会談は実妹を後継者として認めさせた主役の完全勝利。これが唯一の中身だった。トランプも金王朝を裏書きすることになるか。(04/30)

なぜトランプが北の提案に飛び付いたのか、それが急展開の謎を解く鍵だ。3首脳の思惑が成功しても、実際には何も変わらない可能性。(03/30)

北が仕掛けた韓国取り込み戦略を、待ってましたと飛び付いた文大統領。日米との離反はもう既定路線となった。日本にとっても正念場。(02/28)

憲法とせめぎ合っても上皇になるという真意が分かってきた。政府は対応しきれず、皇統の安定的持続を持ち越してしまった。(18/01/29)

大量の報道が流されても本当のことは避けて通る。国民一般は周辺だけを見ているというおかしな時代になっている。(12/25)

日本は、慰安婦をトランプに抱きつかせ「独島エビ」を明記したことには抗議した。あの晩餐会の破廉恥はそれだけではなく、露骨な反日扇動の場だった。(11/28)

10年前にも論じたが、ラスベガスの58人射殺は歴史的転換点になるかもしれない。日本の感覚で米国を批判するのは筋違い。(10/30)

北の独裁者の狙いはアメリカとの戦争ではない。新冷戦構造の中で北朝鮮が帝国化してきた変化に注目。日本は長期の視点が必要だ。(09/28)

習近平国家主席が市場経済に大幅な修正を強要している。外資もターゲットだ。共産党の統制強化にどう対処するか。(08/29)

一強多弱と言われた安倍首相の失墜は、英米露などのポピュリズムが波及してきた結果だ。しかし日本ではそれが愛国でなく自虐ポピュリズムになっている。(07/29)

「もり・かけ」騒動とトランプ騒動を米国憲法を鏡にして比較すると、何が問題か、誰の責任を問うべきか分かってくる。(06/27)

森友・加計の2重スキャンダルの本質は、「忖度と配慮」の文化に内在する社会規範に抵触したことだ。国民の不快さの原因を解剖。(05/28)

トランプ大統領は内政の失敗を外交の大ホームランで何とかつくろった。それは評価できるが、中国と重要な秘密取引を始めたのは要注意。安倍総理に秘策があるか。(04/29)

日本の科学研究が失速していると外国が心配しているさなか、学術会議が防衛省の研究助成を事実上拒否。これが政策提言とはハテサテ!(03/29)

移民の国だからこそ移民を嫌う。その原理と無縁の日本がトランプを批判するのは危険。米国の特異性を解説する。(02/26)

慰安婦合意は1年ともたなかった。日本は道徳的に下だから、何をしても受け入れろという半島のDNAだ。パク大統領の失脚で逆に火がついてしまった。(17/01/29)

安倍政権はオバマ弁護士政権とうまくやれなかった。発想の違いはトランプ政権でも同じだ。早急にビジネススクールの研究を。(12/28)

日本には国際法上の優位材料があるのに、なぜ使わないのか。外務省はカネで領土を買えると本気で首相を説得したのか。今回が切り札を使う最後のチャンス。(11/26)

スターリンの野望をいま日本が進んで受け入れ、見返りに4島の潜在主権を認めさせると官房参与が自賛。地政学のイロハも知らない安倍政権?(10/27)

客観的かつ現実的な政治ファンタジーだが、オバマの戦略的忍耐を延長すると、これが誰にとっても最善の未来図ではないか。(09/27)

陛下のメッセージは歴史的珍事。象徴と総意という虚妄が生み出した悲劇であり、その主人公には同情を禁じ得ない。(08/27)

日本人の盲点−−独露はなぜ世界大戦に完敗しても20年でリベンジできるのか。第三次大戦の警告に直面して、日本は50年戦争の勝者だと理解する必要がある。(04/29)

戦後70年談話と年末の日韓合意で、村山談話と河野談話を裏書きし、自虐史観を強化する結果を残した。この裏には何があるのか。外交自慢の大勲位が残したツケを思い出せ。(16/01/26)


核兵器も70周年。使えない兵器と言われて久しいが、プーチンのひと言で一変するかもしれない。日本は世界で最も鈍感でいられるか。(15/03/27)


靖国は世界標準では「無名戦士の墓」にあたるが、本質ではリンカーン記念堂と同じもの。そうオバマ大統領に説明したらいい。(14/01/28)


過剰貯蓄が200兆円とも。これを消費に向ける独自の提案です。
これなら日本の低落を一気に挽回できる。しかも財政負担ゼロで!(2010/12/21)











アクセスカウンターがコラムページのヒット数と大きく乖離してしまったので、いったん取り外します。


mail
ご意見ご感想を!